在宅ワークとして、「メルカリ転売」という選択

今日では、在宅ワークというと、パソコンやスマホ1台でできる、クラウドソーシングや、ポイントアプリなどが主流になってきています。
従来のような、家に送られてきた商品の梱包やシール貼りの仕事と比べ、より場所を選ばなくなったということですね。
今回は、そのような現代の手軽な、場所を選ばない在宅ワークのうち、「メルカリ転売」というものを紹介したいと思います。
■そもそも「メルカリ」って何?
今、若者を中心に爆発的な人気を誇るアプリ、「メルカリ」。
皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、一体何者なのか分からないという人は少なくないと思います。
メルカリとは、商品を出品し、販売することのできるアプリです。(もちろん、逆に購入することもできます。)
オークションではなく、フリーマーケット的なものと思ってください。
ヤフーオークションとの大きな違いは、出品した商品の10%を手数料としてメルカリに払うだけで、入金確認などの、面倒な支払いの手続きをすべてしてくれるというところです。
■転売って何?
転売とは、基本的に、「安く仕入れて、高く売る」ということです。
メルカリを利用している方は、現物写真の無い、店に飾られている商品を新品で販売している人をよく見かけると思います。
それはみんな、ドロップシッピングという方法で、転売しているのです。
■ドロップシッピングとは?
基本転売というと、一度仕入れてから売るものといいましたが、ドロップシッピングの場合、商品の仕入れを行いません。
商品を出品し、購入者と取引するだけでよいのです。
商品が売れると、受注情報をドロップシッピングサイトに送ります。するとあとは、入荷や梱包、発送など、すべてドロップシッピングサイトが請け負ってくれるのです。
私のオススメするドロップショッピングサイトはずばり、「もしもドロップシッピング」です。こちらのサイトは、他のサイトよりもわかりやすく、一番、王道であるといえます。
気になる方は、一度検索してみてください。
メルカリ転売は、他の在宅ワークよりも簡単で、よりお金を稼ぐことができると思います。皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

スマホ、パソコン1台で行う在宅ワーク、クラウドソーシングについて

在宅ワークというと、自宅で、依頼された商品の梱包やシール張りを行い、郵送で送り返すというようなことを想像してしまうと思いますが、実はこのネット社会、ほとんどの在宅ワークというものは、スマホ、パソコン1台で行われているのです。
ここでは、そのようなスマホ、パソコン1台でお小遣いを稼ぐことのできるサイト、クラウドソーシングの代表格の一つである、ランサーズについて簡単に紹介します。
■そもそもクラウドソーシングって何?どういう仕組みでお金が入ってくるの?
一度、あるホームページの運営をすることになるとします。でも一人でホームページを完成させるのはしんどいですよね。なので、記事の執筆を誰かに頼んじゃいます。この「誰か」になるのが、クラウドソーシングの登録者になるということです。
つまり、全国のホームページを運営している人などが、代りに記事を書いてもらったり、商品のレビューをしてもらう人を探すための案件が集まっているところが、クラウドソーシングというサイトなのです。クラウドソーシングの登録者は、数ある案件の中から自由に仕事を選ぶことができ、その仕事の提供先から報酬が入ってくるという仕組みになっているということです。そのクラウドソーシングの代表格のサイトがランサーズです。
■ライティングのスキルがない、素人でもできるの?
素人でもパソコンやスマホの操作さえできれば、素人でもまったく問題なくできますよ。というか、特別なスキルがなくても働けるというところがクラウドソーシングの魅力だといえますね。
■どれくらい稼げるの?
そもそもランサーズは仕事の種類が大きく、タスクとプロジェクトに分かれています。2つの違いを簡単に説明すると、タスクよりプロジェクトのほうが文字数が多いということです。
タスクは大体300〜800字に対し、プロジェクトは1300〜3000文字くらいです。
そして、タスクは1件につき、300〜500円ぐらいで、プロジェクトは、1000〜3000円くらいが相場です。
1日2時間程度で、月2万円程度なら簡単に稼げると思いますよ!
どうですか?これなら、学生や、子育てで忙しい主婦でも、また、会社員の方には副業としてもできそうじゃないですか?
皆さんもちょっとした隙間時間に在宅ワークとして、ランサーズを試してみてはいかがでしょうか。